プリウスが2016年にフルモデルチェンジし、売れ行きも上々、納車1ヶ月待ちの中、いよいよ新型プリウスαの発売が2018年に発売されるとの情報が入りましたので、私なりの大予想をさせて頂きます!

また、一味違う着眼点なので分かりやすく解説しようと思います。


スポンサーリンク

プリウスαの新型2018年発売される?いつ頃?

引用:https://toyota.jp/prius/

2017年、ドイツでのテスト走行で、スパイショットが公開されました。
3列シート、7人乗りはそのままで、デザインはSUVに一新しているように見えます。

今年、マツダCX-8が発売し、SUVの6人、7人乗りがかなり好調な滑り出しを見せています。

また、ホンダのCR-Vも2018年夏に発売され、ますますのSUVワゴンの需要が高まる中、新型プリウスαが、2018年に発売されるとのことで、ハイブリッド7人乗り、SUVの需要はかなり見込まれます。

予想では、今年10CR-Vより出遅れがちですが、燃費最強ハイブリットプリウスαが売れ行きを伸ばすと思われます。

 


スポンサーリンク




プリウスα新型の最新情報を紹介!

デザイン変更より、SUVタイプに変更されている点です。
SUV
の特徴を生かし、初代プリウスαより運転者の視野を広くし、運転のしやすさ、室内の空間の向上を見込めます。

CH-Rのようにゴツゴツ間を減らし、あくまでもワゴンを強調し、SUV風にとどまると思われます。

フロントビューは、斬新なデザインのプリウスを後継し、ヘッドライトのウィンカー部がフロントバンパーと一体化したようなデザインになると思われます。
リアは荷室の向上かつ、現行プリウスα以上の空間を見込めます。

ここからは私独自の最も注目し、新型プリウスαに導入すると思われる技術を分かりやすくご紹介します。

少しマニアックな着眼点だと思いますが、お付き合いよろしくお願いします。

まず、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)が新型プリウスに採用された点です。

もちろん2018年新型プリウスαにも採用されると考えますので注目です。

TNGAは宝!

そもそもTNGAって?

TNGAの先陣と言えるのはトヨタGOA(ゴア)と呼ばれるシステムです。

Global Outstanding Assessment(クラス世界トップレベルを追及している安全評価)の頭文字を取り、GOAと呼ばれています。

TNGAの始まりは、2012年4月に「もっといいクルマづくり」の具現化の一環として、多数車種の同時企画、共通化を高めて原価低減を目標とされています。

GOAも現在TNGAの一環として盛り込まれており、総称であるTNGAとされています。

これから適応車種が増える傾向にありますので今後発売される車は数段にグレードアップされていると思います。

車の原点にもどると・・・

現在の日本は車社会と言えるでしょう。

車と言えば便利ですが、事故を起こし、乗員に損傷があってはダメです。

各自動車メーカー、乗員保護を目的とした構造はありますが、新型プリウスαに組み込まれると予測する技術を紹介します。

ホットスタンプ材で、より強固なボディーを構成し、搭乗者を自己から守る。

引用:https://toyota.jp/technology/chassis/hotstamp/

現在の車の材料は鉄から高張力鋼板が使われています。

変形しにくく、強度が強く、通常の鉄よりも軽く作れる為、各自動車メーカーが採用しています。

その中、トヨタのTNGAホットスタンプ材は、車の外部から事故の際、衝撃が加わりやすい箇所に採用されています。

ホットスタンプ材とは、高張力鋼板を赤く熱した状態でプレスにかけ、直後に瞬間冷却(この工程を焼き入れと言います)し通常の引張強度を5倍近くまで上げ、かつ自由に部材を作る技術のことです。

そのホットスタンプ材を各ドアの内部と周囲、フロントバンパー、リアバンパー真後ろなどに採用し、乗員を守るシステムを採用しています。

いわば硬い物を衝撃の受ける先端に置き、それ以上潰れにくくする仕組みです。

このシステムが新型プリウスにも搭載されていますので、2018年新型プリウスαにも採用されるのが期待されます。

もしもの事故でドアが開かなくなったと言うケースも減少すると思われます。

引用:https://toyota.jp/technology/chassis/lsw/

そもそも車のボディーは一枚の鉄板を型で成形し、複数の鉄板工作物を溶接し構成されています。

その溶接作業で、スポット溶接が採用されています。

今回レーザースクリューウェルディングを取り上げたのは、このスポット溶接方法を一新し、ボディー構造を見直した点です。

スポット溶接がされている箇所ですが、サイド面、リヤボディ、ドア回り、エンジンルーム内などほとんどの箇所で採用されています。

通常のスポット溶接の間隔を通常より狭くし、より各鉄板との密着性を高める方法です。

利点としましては、車がカーブで横に受ける重力によるボディーの捩れを緩和し、より、衝撃をサスペンションで吸収できるよう、ボディーを強固にし、運転性能の向上、乗り心地の向上が挙げられます。

また、ボディーサイズが大きいほど捩れが大きく、新型プリウスαに搭載されると機能は十分発揮されると思われます。

HVWDE-Four)で快適な走りを実現

HV4WDも新型プリウスαに搭載されるのが考えられます。

HV4WDとは走行状態に応じて自動で2WD走行から4WD走行へ切り替わる仕組みです。

パワーが必要な際は4WD、通常走行では2WDと自動で切り替わり、ドライバーが快適に運転出来る仕組みとして採用が期待されます。

従来機械式の4WDではフロントからリアまでアクスルシャフトが通る為、車内に制限が出来ました。

車内制限を払拭すべく、電子制御4WDが登場しましたが、今回HV4WDは各パーツの小型化に成功し、リア駆動はモーター制御のみとなり、理想の形となりました。

ハイブリットバッテリーの新開発

ニッケル水素バッテリーとリチウムイオンバッテリー両方の内部レイアウトの最適化で小型化が実現しました。

また、リチウムイオンバッテリーはHVWD非搭載車に、ニッケル水素バッテリーは発熱の都合上、HV4WD搭載車に搭載されると考えています。

現行のプリウスαでは運転席と助手席の間、カップホルダー下あたりにハイブリットバッテリーが装着されており、HV4WDの思想には届きませんでした。

ただ、今回各パーツの小型化に成功し、従来のプリウスのようにリア側に配置し理想の形となると思われます。

最新のカラーは本当にすごい!!

これまでの塗装と言えば車の美装を目的とされた物でした。

レクサスで初めてセルフリストアリングコート(すり傷自己修復機能)が適用された時は、感銘したことを覚えています。

今ではトヨタ上級モデルで展開され、触れる機会も増えてきました。

そんな中、今回注目したのはトヨタ新色のサーモテクトライトグリーンです。

塗装で初めて遮熱機能を追加したものです。

通常の塗装にはカーボンブラック粒子が混ざっており、太陽光の紫外線を吸収し、車内温度を上昇させていました。

そこでカーボンブラック粒子を大粒径酸化チタン粒子に変更し、太陽光の紫外線を反射する仕組みを取り入れています。データでは日中、二時間野外放置していると、車内温度が他の色と比べると5℃も低いです。

買い物やレジャーで野外に駐車し、再び乗る際には暑すぎてエアコンをガンガンに効かせ、涼しくなってから出発ってこともしばしばです。

この技術でクーラー効率を良くし、燃費も向上すると考えられます。

もう1つはエモーショナルレッドです。

この塗装は発色性を良くし、艶や陰影感にこだわった色です。

日向、日陰など光の入り方で色が変わり、飽きの来ない美しい色です。

また、プレスライン(外装でわざと角を作っている所)の上下で光の屈折があり、色の濃淡が美しく見えます。

新型プリウスαにも色設定が見込まれる為、機能性にすぐれた色や、変化を感じられる色など、塗装に関しても大注目です。

 


スポンサーリンク




プリウスα新型の気になる価格をグレード別に紹介!

価格ですが、上記のTNGA技術の盛り込みに伴いプラス20万円程度と考えています。

全グレードToyota Safety Sense P搭載と考えています。

グレードS 5人乗り、7人乗り

価格は5人乗り270万円、7人乗りは310万円前後と考えられます。

グレードG 5人乗り、7人乗り

価格は5人乗り340万円、7人乗りは370万円前後と考えています。

HVWD搭載が考えられ、プラス10万円前後と考えられます。


スポンサーリンク




プリウスα新型2018最新情報まとめ

いかがでしょうか、かなりマニアックな内容になりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

車のフルモデルチェンジとなると私はかなりワクワクする方なのでついつい調べたくなります。

デザイン性も好きですが、やはり車は走る為の物と考え記事にさせて頂きました。

今後発売される新型プリウスαに大注目です!

マイナーチェンジしたプリウスかっこいい!!

乗り回したーい!!!

マイナーチェンジしたプリウスは、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれませんし書いてあっても正確な情報なのか、不安・・

家族に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

私は、どうせ買うなら安いだけの車ではなく自分が納得した、買いたい車が欲しい!!

妥協なんてしなくないんだよ!!

「下取りより買取!」

私の8年物の前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので…。

値引きの金額としては十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでにある方法を試すと…なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「一括査定サイトって?何?」

そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、今この一括査定サイトを知らないと大損します!!

ディーラーだけの査定は価格を操るのはディーラー側の一つしかありません。

そこが問題なんです。

こんなこと、よく言われませんか??

 

「店長にお願いして、この価格に特別にさせて頂きました。しかし今日ご契約を頂かないとこの金額保証が出来かねます。」

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!