もうすぐフルモデルチェンジ間近と言われており、正式発表が楽しみですね。

デザインも今流行のSUV風になると噂がありますし大注目です。

今回はデザインの変更点の大予想や、スライドドアの導入の真相、4WD搭載の噂などの真相を独自の目線で徹底調査していこうと思います。

※2018年プリウスはマイナーチェンジを発表し発売に至りました。その中では、スライドドアになっていません。今後のフルモデルチェンジで搭載かもしれませんね!詳しいマイナーチャンジの記事プリウスマイナーチェンジ2018最新の口コミや納期は?にまとめてます。


スポンサーリンク

プリウスα新型のデザインは旧型とどこが変わった?

引用:https://toyota.jp/prius/gallery/

ウィッシュ、アイシス統合フルモデルチェンジと考えられる点や
時期型の開発車両の姿を見ると、ボディが大幅に変更される事は明らかだと思います。

プリウスがマイナーチェンジで
涙目ヘッドライト
ブーメランテールランプ
の形状を変更し、プリウスPHVデザインに近づけるため
新型プリウスaも同じ変更がされての登場が予想されます。

エクステリアは変更されても、プラットフォームはプリウス譲りの高性能となりそうです。

現行プリウスαは2列5人乗りのステーションワゴンタイプと
3列7人乗りのミニバンタイプがある派生モデルです。

現行モデルと比較すると、ノーズは伸び、リアピラーデザインが大きく変更されています。
このことから、新型プリウスaはワゴンタイプでもミニバンタイプでもなく、
今現在、最も注目が高く、人気車種の位置づけとなる「SUV車」に近いデザインになることが、考えられます。
パワートレインはプリウスと同じく、1.8リットル直列4気筒エンジンと
電気モーターを組み合わせたハイブリッド型で、さらなる燃費の向上を目指しているとのことです。

新型プリウスαも新開発プラットフォーム「TNGA」を採用することにより
燃費や空力性能の向上に期待が持てます。

そして、インテリア機能にも深く関係する「バッテリーの搭載位置」の変更もされると考えられます。

バッテリー搭載位置を最適化するため、バッテリーの小型が見込まれます。
バッテリーの小型化により、プリウスαに求められる

・後部座席足元の広い空間
・ラゲッジスペースの拡大

上記の2つの実現が可能となります。

この事が、実現されれば後部座席のスペースも広がり
3列目シートの使い勝手も向上すると思われます。

そして、新型プリウスαには、次世代安全技術「Toyota Safety Sense」が採用されるはずです。

カメラ・レーダーの性能向上により、検知対象を拡大、機能の向上
高度運転支援機能レーントレーシングアシストの採用
ユニットの小型化

上記の変更により、
Toyota Safety Sense Pに採用されている「単独カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに、性能の向上が期待されます。

 


スポンサーリンク




プリウスα新型にスライドドア搭載!?真相は?

引用:https://toyota.jp/priusalpha/gallery/

よく噂になっているプリウスαにスライドドア搭載ですが、真相を追って行こうと思います。

まず、スライドドアになると狭い所での乗り降りが楽になりますのでミニバンとしては最大の利点となります。

では、私なりの予想をさせていただきます。

スライドドアの搭載は無しと考えます。

理由は以下に項目別にご紹介します。

スライドドアの搭載できるデザインではない

スライドドアの構成部品ですが、上下のレールと、クォーター側にもレールがあり、合計3点でスライドドアを支えています。

スパイショットも出回っていますが、サイドショットでスライドレールのも見受けられませんでしたので最大の点だと思います。

また、スライドドアの稼働領域も確保すべく、クォーターのサイズを大きくする必要があります。

クォーターを大きくすると言うことはフロントノーズ廻りの短縮、各ドア廻りの短縮など大掛かりなデザイン変更が伴いますので搭載は無いでしょう。

 

トヨタ車でのプリウスαの位置付け

トヨタ車でのプリウスαの位置付けを見て行きましょう。

現在メーカーホームページではミニバンではなく、ワゴンの位置付けにされています。

ワゴンの項目を見てみますと、カローラフィールダーがありますが、スライドドアの搭載は無しです。

価格帯を見ても

カローラフィールダー 約166万円~

プリウスα 約256万円~

とワゴンタイプの上級グレードとしてプリウスαは位置するのがわかります。

またワゴンのラインナップにはカローラフィールダーとプリウスαの2機種のみとなりますので今の位置付けにとどまると思われます。

なのでスライドドアの装着は極めて低い可能性となると思われます。

 


スポンサーリンク




プリウスα新型4wdは搭載されるのか?

引用:https://toyota.jp/prius/performance/efour/

開発プラットフォームの統一で新型プリウスからの継承が考えられます。

そこで注目するのはハイブリッドバッテリーの小型化がキーポイントになります。

4WDは機械式と電気式の2つにわけることが出来ます。

機械式はエンジンとリアタイヤに駆動を伝える為、プロペラシャフトが搭載されています。

しかし、プロペラシャフトが入る為、車内空間は減る方向にあります。

そこで電気式だと、リアタイヤの駆動をモータで補うことでプロペラシャフトを搭載しなくても可能となりました。

今回新型プリウスでは電気式の4WDが搭載されていますが、更に小型化と効率化が進み、搭載されている点から考えるとプリウスα4WDも考えられます。

駆動効率から考えると、5人乗りで通常通りラゲッジスペースにハイブリッドバッテリーが搭載され、小型化の為、ラゲッジスペースの拡大が期待されます。

7人乗りは従来通り運転席、助手席の間にハイブリッドバッテリーが収納され、残念ながら4WDの装着は無しと思われます。

また、4WD装着は5人乗りグレード「G」に搭載されると考えます。

 


スポンサーリンク




プリウスα新型の実燃費比較!!実際の燃費はこれ!

引用:https://toyota.jp/prius/gallery/

次に新型プリウスαの燃費を予想してみましょう。

まず、新型プリウスと旧型プリウスの燃費を見てみましょう。

名前 型式 JC08 実燃費
旧型プリウス ZVW30 30.4km 21.42km
新型プリウス ZVW50 37.2km 25.11km
現行プリウスα ZVW40 26.2km 20.6km
新型プリウスα ZVW60?

旧型プリウスと新型プリウスを比較してみましょう。カタログ値のJC08モードで見てみると、フルモデルチェンジで燃費が6.8kmほど改善しています。

その為、プリウスαのフルモデルチェンジ時には、現在26.2kmですが、新型プリウスαはメーカーの燃費目標値33.0km~35.0kmですので、私は燃費33.0kmと予測します。

また実燃費ですが、軒並みJC08モードの7割~8割程度と考えられますので、実走行はリッター26kmと予測されます。

また、今後の傾向から見ると、JC08モードからWLTCモードに各自動車メーカー燃費計算方法が変わってきていますのでより実走行に近い燃費データが出ると思われます。

プリウスα新型デザイン、スライドドア、4WDまとめ

新型プリウスαはスパイショットから推測してSUV風に様変わりすると同時に、共通プラットフォームの「TNGA」の導入とますます注目が集まります。

プリウスもフルモデルチェンジ前後では100kgほどの車重の追加はあるものの、ハイブリッドバッテリーの見直しや、抵抗の軽減などで燃費は延びている傾向となっております。

もはや重量が重いから燃費が悪いと一概には言えない状態になりつつあります。

スライドドアは形状上、装着はされないと思いますが、4WDはプリウスと同じ新型4WDの装着が期待されます。

さらにハイブリッドバッテリーの小型化、効率化が進むと7人乗りでの4WD装着も考えられますのでますます目が離せないと思います。

マイナーチェンジしたプリウスかっこいい!!

乗り回したーい!!!

マイナーチェンジしたプリウスは、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれませんし書いてあっても正確な情報なのか、不安・・

家族に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

私は、どうせ買うなら安いだけの車ではなく自分が納得した、買いたい車が欲しい!!

妥協なんてしなくないんだよ!!

「下取りより買取!」

私の8年物の前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので…。

値引きの金額としては十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでにある方法を試すと…なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「一括査定サイトって?何?」

そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、今この一括査定サイトを知らないと大損します!!

ディーラーだけの査定は価格を操るのはディーラー側の一つしかありません。

そこが問題なんです。

こんなこと、よく言われませんか??

 

「店長にお願いして、この価格に特別にさせて頂きました。しかし今日ご契約を頂かないとこの金額保証が出来かねます。」

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!