2018年2月に新型プリウスphvが発売され、「GRスポーツ」のグレードの投入など話題を集めています。

「GR」グレードならではの外装、内装、足回りの変更など注目する箇所が目白押しです。

今回はプリウスphv「GRスポーツ」の評判や中古車の購入時の注意するポイント、新車時の値引き交渉術などまとめてみました。


スポンサーリンク

プリウスphv「grスポーツ」の最新情報!!評判は?

引用:https://toyota.jp/priusphv/grade/gr_sport/?padid=ag341_from_priusphv_top_grade_sgr_thumb

では実際にプリウスphv「GRスポーツ」のオーナーさんの評判を見てみましょう。

 

AさんAさん

男性 通勤使用

「リアの足廻りがダブルウィッシュボーンで凄くよく食いつきます。ホイールも18インチですが乗り心地もすごく良いです。ただ、トランクはバッテリーの都合上狭いです(笑)」

 

BさんBさん

男性 レジャー使用

「休日のみの使用ですが、給油するのを忘れるくらい、燃費はかなり良いです。デザインもGRの方が好みで少しお値段はしましたが、こちらを選びました。プラグインハイブリッドのスポーツカーと考えると十分な性能だと思います」

 

デザイン性はさすが「GRスポーツ」ですので高評価が多くみられました。

足回りも専用セッティングのサスペンションですので、ローダウンしても乗り心地を重視している点が高評価のポイントです。

どの評価にも言えますが、トランク、車内が狭く荷物を載せるとトノカバーがしまらないなどの声も見受けられましたが、スポーツカーの風格を持つプラグインハイブリッドカーとしては最高のパフォーマンスが期待できると思います。

 


スポンサーリンク




プリウスphv「grスポーツ」を中古で購入!注意点は〇〇?

引用:https://toyota.jp/priusphv/grade/gr_sport/?padid=ag341_from_priusphv_top_grade_sgr_thumb

プリウスphv「GRスポーツ」を中古で購入する際のポイントをご紹介します。

現状「GRスポーツ」は人気があり、値崩れもあまり期待されません。

しかし、中古車で買う際にはお得になる場合があります。

プリウスphv「GRスポーツ」中古車選び方

メーカーのページで見積もりを取る」

現在メーカーのページで見積もりが取れるようになっています。

グレードの選択、カラーの選択、オプションの選択と分かれています。

まず、中古車情報ページなどでお目当ての車両を見つけてその通りにメーカーの見積もりページを入力していきます。

ここでポイントはオプションの選択です。

特にナビは20万円以上するオプションパーツですのでついているとその分お得になります。

ドアバイザーもオプションですので選択するのを忘れずにしましょう。

そして、結果を見比べると、20万円~50万円ほど得するケースもありますので購入をお考えの方は頻繁にチェックして比較するのをおススメします。

展示車、試乗車を狙う

現在は台数が少ないですが、展示車、試乗車が出回る可能性があります。

展示車、試乗車は比較的安く売りだされますので条件が合えばかなりお買い得です。

ただし、安価で販売している為、登録の手間、手数料を考えると近県の方のみとなっているケースが多いです。

また、ネットで記載される前に店舗に並びますので身近な店舗に足を運んでみるのも良いでしょう。

また、展示車、試乗車の為、オプション装備は充実しています。

オプションのみで30万円以上得をするのと、車両で40万円以上得をする場合があります。

オマケに補助金利用で合計90万円ほど安く手に入るケースもありますので根気よく探してみてはいかがでしょうか?

 


スポンサーリンク




プリウスphv「grスポーツ」の値引き交渉はこうしろ!

次は新車でプリウスphv「GRスポーツ」の値引きをご紹介します。

現在「GRスポーツ」は人気がある為、車両の大幅な値引きは見込めませんが根気よく値引き交渉すれば可能な場合があります。

事例としましては30万円値引きに成功した例もありますので実際にシミュレーションしようと思います。

プリウスphv「GRスポーツ」値引きシミュレーション

では実際にシミュレーションしてみましょう。

お店選び、曜日など

お店選びですが、最寄のディーラーで大丈夫です。ここでポイントなのは”時間、曜日、天候”です。

土曜日、日曜日ですと来店するお客さんも沢山居ますので値引き交渉も相手にしてくれないケースがあります。

時間ですと開店間近はお客さんが少ないものの、店の開店準備をしている場合がある為不向きです。

夕方頃になると、会社終わりで立ち寄るお客さんも居ますので忙しくなる時間です。

曜日は平日で、時間帯は13時頃から16時頃だとお客さんの流れも安定していますのでおススメです。

また、天候ですが赴くには憂鬱になりますが、雨の日を選ぶのがおススメです。

雨の日は軒並みお客さんの数も減っていますので売り上げノルマの関係上1台でも売りたいと思う点を利用します。

値引き交渉からせず、納期、機能確認などを

店に入って早々値引きの話をすると相手にされなくなる傾向です。

逆に納期確認や金額面以外のことで話題を作り買う意力を見せるのがポイントです。

また決して上からの対応ではなく下手に出ましょう。

担当の営業マンを褒めたり、店舗のことを褒めるのも一つの手段です。

素人のフリをする

プリウスphv「GRスポーツ」を購入する上で調べた知識も多いと思います。

しかし、営業マンに知識を言っても逆効果です。

むしろ世間話をしに来ただけと思われ値引きも相手にしてくれません。

例え知っていても熱心に話を聞いていると相手にも好印象なイメージを与えれるので値引きの話もスムーズに進むと思います。

複数店舗で見積もりをする

ディーラーの中にはメーカー直営店舗、地方店舗、グループ系店舗などあります。

取り扱い車両のある店舗で複数見積もりを出し値引き金額を戦わせるのも有効です。

ポイントは先に行った店舗で5万円値引きと言われたとしましょう。

次に行く店舗では「〇〇〇トヨタさんでは7万円値引きしてもらえますよ」と少し多めに言ってみましょう。

それ以上に値引きを叩き出してくる場合もありますので複数店舗で比較しましょう。

オプションでさらに値引きを

車両本体価格の値引きも満足する金額になりましたら次はオプションの値引きをしましょう。

オプションは値引きがしやすいポイントですので頑張って値引きしましょう。

1万円前後の物でしたらサービスでつけてくれる場合もありますが、高額なナビなど値引き交渉に加え、定価の3割引き以上を狙いましょう。

 

では値引き交渉術をまとめます。

 

・お店選びは平日、お昼を過ぎてからを狙う

・納期、機能の質問から入り営業マンを褒める

・知っている知識は一切出さず、熱心に話を聞き好印象をもたせる

・上記項目を複数店舗試す

・次の店舗では値引き額より少し多めに伝える(値引きが無い場合も伝える)

・最後の一押しでオプションで値引きを試みる

 


スポンサーリンク




プリウスphv「grスポーツ」の評判と中古や値引きまとめ

まだ発売して間もないのと人気グレードの為値引きは困難する場面もありますが、根気よくしていると値引き額も大きくなる傾向です。

あまり強引すぎると値引き金額も低迷する可能性もありますので適度なふるまい方がおススメします。

中古と新車と比較して金額を考えると中古車の方が安く手に入りますが、気に入った色、ナビなどのオプションがついていない場合もあり中古車はめぐり合わせが一番大事です。

価格も安く出ている場合もありますが、ほとんどが条件つきの金額ですので条件が合えばかなり得をする場面もあります。

マイナーチェンジしたプリウスかっこいい!!

乗り回したーい!!!

マイナーチェンジしたプリウスは、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれませんし書いてあっても正確な情報なのか、不安・・

家族に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

私は、どうせ買うなら安いだけの車ではなく自分が納得した、買いたい車が欲しい!!

妥協なんてしなくないんだよ!!

「下取りより買取!」

私の8年物の前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので…。

値引きの金額としては十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでにある方法を試すと…なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「一括査定サイトって?何?」

そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、今この一括査定サイトを知らないと大損します!!

ディーラーだけの査定は価格を操るのはディーラー側の一つしかありません。

そこが問題なんです。

こんなこと、よく言われませんか??

 

「店長にお願いして、この価格に特別にさせて頂きました。しかし今日ご契約を頂かないとこの金額保証が出来かねます。」

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!