新型プリウスが発売され、2018年2月に新型プリウスphvが発売されました。見た目もプリウスと比べるとシャープな印象があり、私個人的には好感を持てるデザインです。

そこでプリウスphvの中古の燃費や、充電場所、ハイブリッドバッテリーの交換時期、中古車での補助金についてまとめてみましたのでご紹介します。


スポンサーリンク

プリウスphv中古の燃費は新車と比べると劣る?

プリウスphvは2012年発売の初代モデルと、2018年2月モデルがあります。

まず、新型、旧型の燃費を見て行きましょう。

プリウスphv燃費表

形式 カタログ燃費値 実燃費値
ZVW52 30.8~37.2km 30.38km
ZVW35 31.6km 30.27km

 

カタログ値では新型の方が燃費は良いのですが、実燃費を見てみると実はあまり変わらないことが分かります。

実燃費=中古車と考えられますので新型の新車と中古車を比べても同じで、新型の新車と旧型の中古車を比べても燃費はあまり変わりありません。

しかし、中古車を選ぶ際には注意点はあります。

なるべく距離が浅いのを狙う

どの車にも言えることですが、プリウスphvに関しては違う見方で距離が浅い方がおススメします。

それは、充電バッテリーの問題です。

距離が伸びると充電バッテリーの寿命も減りますし、充電サイクルが短くなる為です。

例えばスマートフォンで買った時は充電の減りも緩やかですが、使うにつれてバッテリーがすぐに減って行くと思います。

充電を繰り返しするとバッテリーの使用容量が少しずつ減って行きますのであまり充電されていない車=走行距離の浅い車を選ぶのをおススメします。


スポンサーリンク




プリウスphv中古の充電はどこでできる??交換時期は??

引用:https://toyota.jp/priusphv/performance/charge/?padid=ag341_from_priusphv_navi_perf_charge

では、次にプリウスphvの充電スポットや、交換時期についてです。

まず、プリウスphvの充電は家、ディーラーや大型商業施設などで行えます。

家での充電は工事が必要ですので一軒家で敷地内に駐車場がある場合は問題ないのですが、

アパートやマンション、月極駐車場などは大家さんと相談の上工事となりますのですこしハードルが高くなります。

もう一つの充電方法のディーラーや大型商業施設での充電です。

まず、充電時間を見て行きましょう。


スポンサーリンク




プリウスphvの充電時間は?

充電方法としまして、3種類ありますのでそれぞれご説明します。

100V/6A充電

一般家庭での充電方法がこの100V/6Aの充電です。

工事も従来の家庭電源から野外に引き伸ばし、専用コンセントの増築で完了します。

充電時間は約14時間と時間はかかりますが、週末のみ車を利用する方は問題ないと思われます。

200V/16A充電

従来家庭では100V契約をしていますので別途200V契約が必要です。

専用工事も必須ですが、充電時間を短くすることが出来ます。

また、ディーラーや大型商業施設などの充電スポットはこの形式です。

充電時間は2時間20分と100Vと比べると短時間で充電可能です。

急速充電

家庭での急速充電の取り付けは困難です。

ディーラーや大型商業施設での利用が可能です。

充電時間は20分と短いですが、グレードSはオプション装備ですので上位グレードのみの装着となります。

次に気になる充電費用をご紹介します。


スポンサーリンク




プリウスphvの充電スポットの利用料金は?

家庭で充電する場合は電気代でのお支払いとなりますが、充電スポットではどうでしょうか?

充電スポットの利用には費用がかかります。

プランは2つあり、定額プランと従量プランがあります。

また、充電も普通充電と、急速充電の2つに分けられます。

では各プランを見て行きましょう。

定額プラン

カードを発行し、月額で支払うプランです。

カード発行手数料で1620円必要と、月1080円の費用がかかります。

定額プランは通常充電は使い放題ですが、急速充電の場合1分16.2円別途費用が必要です。

従量プラン

カード発行手数料で1620円必要で、普通充電、急速充電共に充電した分だけ支払うプランです。

費用は通常充電1分2.7円、急速充電16.2円の費用がかかります。

次に1回の充電の費用を見てみましょう。

通常充電の場合、378円、急速充電の場合324円かかります。

どちらもバッテリーがカラの状態からの充電ですのでそれより安くなる場合があります。

通常充電を施設で3回利用する方には定額プランの方をおススメします。

では、次にバッテリーの交換時期をまとめましたのでご覧ください。

プリウスphvのハイブリッドバッテリーの交換時期は?

プリウスαphvの中古車を選ぶ際気になるポイントがバッテリー寿命ですよね。

車自体は安く買ったが、すぐにハイブリッドバッテリーがダメになり交換が必要になっては

安く買う意味が無くなりますよね。

そこで交換時期や費用など調べてみました。

ハイブリッドバッテリー交換時期は?

メーカーでの保障期間を見てみると、5年、10万キロとなっています。

バッテリーの過度な充電、放電の繰り返しで寿命も変わります。

しかし、メーカーの保証ですので実際の寿命とは違います。

実際に使われているバッテリーはリチウムイオンバッテリーが使われており、20万キロオーバーでも大丈夫との声もききます。

また、交換費用は20万円前後となり、少し費用がかかります。

 

プリウスphv中古でもエコカー補助金をもらえる??

プリウスphvはエコカー補助金制度があります。

では、プリウスphvを中古で購入した際エコカー補助金はもらえるのでしょうか?

結論から申し上げますと残念ながら不可能ですがCEV補助金はもらえる可能性があります

エコカー補助金は新車購入時に適応される制度ですが、CEV補助金は中古車購入後申請することで可能な場合があります。

ではCEV補助金についてまとめましたのでご紹介します。

CEV補助金とは?

かつてエコカー補助金は国土交通省から新車購入の際に支給されていましたが、現在は廃止され、代わりにCEV補助金制度が作られました。

CEV補助金(クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金)は次世代自動車振興センターから支給され、エコカー補助金ですと全車種一律の金額でしたが、CEV補助金は車種ごとに補助金が違います。

トヨタMIRAIですと200万円以上の補助金がありますが、プリウスphvの場合一律20万円となっています。

購入後、必要書類を次世代自動車振興センターに送付することで後日補助金が受けれるシステムです。

中古車でも購入後(現金、もしくはローンも可)必要書類を添付し、送付することで補助金を受けれる可能性があります。

ただし、審査がありますので対象とならないケースもありますので購入の際など確認してから購入するようにしましょう。

プリウスphv中古燃費、充電、補助金まとめ

プリウスphvの燃費は新型、旧型を比べるとあまり差が無い結果が出ましたが、旧型を選ぶのにはリスクが高いと思われます。

バッテリーの仕様頻度も多く、充電量が少なくなる場合があります。

そうなると、EV走行出来る距離も短くなり、燃費が悪化するようになります。

また、プリウスphvの面白い所は必ずしも充電しないといけないわけではない所です。

家庭や身近に充電スポットが無くても走行中の充電や、オプションのソーラーでの充電などで充電することも可能で、オマケに補助金も貰えるので経済的に良い車と思われます。

また、補助金は一定の額に達すると早期終了になりますのでご検討中の方は早めにご購入をおススメします。

マイナーチェンジしたプリウスかっこいい!!

乗り回したーい!!!

マイナーチェンジしたプリウスは、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれませんし書いてあっても正確な情報なのか、不安・・

家族に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

私は、どうせ買うなら安いだけの車ではなく自分が納得した、買いたい車が欲しい!!

妥協なんてしなくないんだよ!!

「下取りより買取!」

私の8年物の前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので…。

値引きの金額としては十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでにある方法を試すと…なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「一括査定サイトって?何?」

そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、今この一括査定サイトを知らないと大損します!!

ディーラーだけの査定は価格を操るのはディーラー側の一つしかありません。

そこが問題なんです。

こんなこと、よく言われませんか??

 

「店長にお願いして、この価格に特別にさせて頂きました。しかし今日ご契約を頂かないとこの金額保証が出来かねます。」

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!