ついにこの日がきましたね!

あのトヨタプリウスがマイナーチェンジされました!!

エスクテリアやインテリアなどの情報も飛び交っていますが、どこがどう変わったのか?

口コミや納期なども気になる所ですよね!?

詳しく調べてみました!!


スポンサーリンク

プリウスマイナーチェンジ2018の納期はいつ??

通常はプリウスの納期は1〜2ヶ月が主流です。

現在のマイナーチェンジしたプリウスも1〜2ヶ月と予想できそうです。

しかし、納期は販売台数によって遅れることも多々あります。

なので、早めに予約して購入した方が納期がずれることが無さそうです。


スポンサーリンク




プリウスマイナーチェンジ2018の見積は?

プリウスマイナーチェンジ後の見積もりがみなさん気になっていることだと思います。

そこで見積もりについても調べてみました。

見積もりには選ぶグレードによっても大きく変わってきますよね!

今回のプリウスマイナーチェンジで選べるグレードは全部で13種類!!

グレード燃費(JC08モード)総排気量駆動乗車定員価格
S ツーリングセレクション37.2km/L*1.8L2WD FF5名¥2,732,400
(税抜¥2,530,000)
A ツーリングセレクション
37.2km/L*1.8L2WD FF5名¥3,006,720
(税抜¥2,784,000)
A37.2km/L*1.8L2WD FF5名¥2,842,560
(税抜¥2,632,000)
E39.0km/L*1.8L2WD FF5名¥2,518,560
(税抜¥2,332,000)
S37.2km/L*1.8L2WD FF5名¥2,565,000
(税抜¥2,375,000)
S34.0km/L*1.8LE-Four5名¥2,759,400
(税抜¥2,555,000)
S ツーリングセレクション34.0km/L*1.8LE-Four5名¥2,926,800
(税抜¥2,710,000)
A34.0km/L*1.8LE-Four5名¥3,036,960
(税抜¥2,812,000)
Aプレミアム
37.2km/L*1.8L2WD FF5名¥3,175,200
(税抜¥2,940,000)
A ツーリングセレクション34.0km/L*1.8LE-Four5名¥3,201,120
(税抜¥2,964,000)
Aプレミアム ツーリングセレクション37.2km/L*1.8L2WD FF5名¥3,284,280
(税抜¥3,041,000)
Aプレミアム34.0km/L*1.8LE-Four5名¥3,369,600
(税抜¥3,120,000)
Aプレミアム ツーリングセレクション34.0km/L*1.8LE-Four5名¥3,478,680
(税抜¥3,221,000)

 

ご覧のように各グレードによって見積もり金額はかなり違うことがお分りいただけたと思います。

ここからオプション価格やカラーの代金などがのってくるんです。

トヨタの公式ホームページでは価格のシュミレーションができるのでぜひ試してみてほしいです。

続いて、新登場したばかりのマイナーチェンジ後のプリウスの口コミをみていきましょう!


スポンサーリンク




プリウスマイナーチェンジ2018口コミは辛口?

引用:https://car.watch.impress.co.jp/img/car/docs/1158/146/html/001_o.jpg.html

エクステリア

今回は、エクステリアがかなり変わっていますね。特にフロント、リアに関してはデザインが洗練されています。

フロントからサイドにかけて、横方向へ流れるデザインになってます。さらにサイドを立体にしそのサイドに合わせてバンパーピークを設定したことで、洗練されたデザインとなっています。

ヘッドランプからバンパーロアにかけて、ハの字のラインを描くシンプルな立体構築で、低重心ボディを強調。

縦長のイルミネーションランプはワイドさと立体感を表現し、安定感のある走りをイメージさせるデザインに仕上がっています。

AさんAさん

今まで評判が悪かったフロントやリアのデザインが一新して、スタイリッシュになってすごくいいですね!!

 

BさんBさん

インサイトのライバルはプリウスなのですからね。プリウスがマイチェンしたことにより、プリウスの販売台数は伸びると予想しております。

 

エクステリアはかなり好評のようですね。一部のユーザーからはリアに関しても、以前の八の字のリアよりも親しみやすいデザインになったと好評です!

 

出典:http://toyota.jp/

 

以前、トヨタの社長である豊田章雄社長は「プリウスはかっこ悪い」と言っていたので、今回のマイナーチェンジは「かっこよくする!!」と言った意気込みを感じますね!!

 

続いてはインテリアを覗いていきましょう!!

 

インテリア

出典:http://toyota.jp/

 

先代のプリウスでは、内装に関して「”チープ”に感じる」「プラスチックのような質感」と酷評でしたが、今回のインテリアはかなりいい感じに重厚感があります。

しかも、高級感があるのでワンランク上のラグジュアリーな空間が演出してます。

ラゲージ容量の大幅アップ

出典:http://toyota.jp/

個人的に、インテリアの改造の中で一番いいなぁと感じたのがココです。

ラゲージは車ごとに限界がありますよね??改造もできなくないけど、大掛かりになるならしないと思う方が大半なのでは?私もその中の一人です。

しかし、初めから大きく作ってくれてれるのは非常に助かります!!

何かとライバルと称されるインプレッサと比較すると117Lも違うんです!!

SUVが人気の中ですが、どこか旅に行く、趣味の釣りに行く、ゴルフにいくなんとお茶の子さいさいなんです^^

 

コネクティッドサービス

出典:http://toyota.jp/

なんと言ってもTYOTAの強みはLINE社と提携しているところではないでしょうか??

今やLINEは車にも必須なアイテムなんです!!

LINEを通じて、ナビの目的地登録や天気・距離・所要時間・給油要否・出発時間の確認ができてしまうのです^^

エクステリア、インテリアをご紹介していきましたが、続いてはマイナーチェンジしたプリウスのカラーバリエーションに迫っていきたいと思います。


スポンサーリンク




プリウスマイナーチェンジ2018発売モデルの人気色は!!?

マイナーチェンジして間もないので人気色がどれなのか??まだまだ分りませんが、以前のプリウスではどんな色が人気だったのかは気になりません??

そんなあなたに以前の傾向から、この色が人気になるのでは??という予想してみました!!

予想ランキングをご紹介致します^^

 

第1位 ホワイトパールクリスタルシャイン

出典:http://toyota.jp/

以前から人気のカラーである「白」どの車種でも人気ですが、第4世代のプリウスの場合は、ホワイトパールクリスタルシャインという色合いで、パールエッセンセンスが配合されていて輝きを増すようなカラーが特徴でした。

今回もこの色は鉄板間違いなしです!!

 

第2位 アティチュードブラックマイカ

出典:http://toyota.jp/

こちらもどの車種でも不動の人気がある「黒」ですね。特に重厚感や高級感が出てくれるのが黒のいいところですよね??私は男性目線でいうと、やはり黒はかっこいいなぁと憧れてしまいます^^!

実は、男性目線というお話しましたがプリウスに限っては女性からの黒の評価も高いようで、選ぶ方が多いんですよ!

 

第3位 シルバーメタリック

出典:http://toyota.jp/

プリウスといったら何色?と聞かれたら、この色と答える方が多いのでは??というほどのど定番なカラーですね。汚れが黒や白ほど目立ちづらいく、飽きがこないのが特徴ですね!

ビジネスシーンでもプライベートでもそのシーンにもマッチできるメタリックグレーはおすすめしやすいカラーです。

番外編 ブルーメタリック

出典:http://toyota.jp/

番外編ですが、新たなダークホースでブルーメタリックが人気になるのはでは??と噂されています。

その理由は、TOYOTAのサイトでマイナーチェンジしたプリウスの紹介で使われているのがこのカラーなのです!!

誰とも被りたく方にはこの色は、とてもおすすめです^^

プリウスマイナーチェンジ口コミや納期、内装、外装、人気色まとめ

 

いかがでしたか??

プリウスマイナーチェンジで今話題になっている情報を調べてみました!!

私個人の意見では、今回マイナーチェンジされたプリウスはかなり進化していてすごく乗りたくなる要素がたくさんあると思いました。

しかも、セダンなのにあのラゲージ容量は使い勝手良過ぎ!!

まだまだ目が離せないプリウスマイナーチェンジ!!

今後、試乗の感想や納車された方の感想なども情報を収集していきたいと思います。

それでは続編に乞うご期待!!

最後までご覧くださりありがとうございました。

 

マイナーチェンジしたプリウスかっこいい!!

乗り回したーい!!!

マイナーチェンジしたプリウスは、低燃費のハイブリッド、出だしはスムーズ、バックカメラやナビの性能はもちろん、自動ブレーキ追従オートクルージングレーンキープがついてる車なんて、ちょっと前のSF映画です!!

一昔前は先進機能だったスマートキーやアイドリングストップですら、今の車には当たり前

先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、
教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれませんし書いてあっても正確な情報なのか、不安・・

家族に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

私は、どうせ買うなら安いだけの車ではなく自分が納得した、買いたい車が欲しい!!

妥協なんてしなくないんだよ!!

「下取りより買取!」

私の8年物の前の車、ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で30万円値引いてもらっていましたので…。

値引きの金額としては十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでにある方法を試すと…なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!

あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「一括査定サイトって?何?」

そう思われた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、今この一括査定サイトを知らないと大損します!!

ディーラーだけの査定は価格を操るのはディーラー側の一つしかありません。

そこが問題なんです。

こんなこと、よく言われませんか??

 

「店長にお願いして、この価格に特別にさせて頂きました。しかし今日ご契約を頂かないとこの金額保証が出来かねます。」

 

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!